タイ料理屋に行ったら必ず机の上にある4種類の調味料って何?

タイ料理屋に行ったら必ず机の上にある4種類の調味料って何?

クイッティオ・ナーム
サワッディカップ☆タイ料理のダオタイランドです☆

寒いっ!いよいよ本格的に冬もピークですね。

ランチで(もちろんディナーでも!)熱々のタイ屋台ラーメン「クイッティオ・ナーム」はいかがですか?

あっさり系のスープをタイの調味料でお好みにアレンジ。温まりますよ~☆

でも、このタイの調味料って初めてみる方には何コレって感じですよね。

「置いてあるのは知ってるけど、使い方がよくわからない」「分量を間違えて塩辛くしょっぱくなってしまった」とか、「なんで砂糖があるの?。食後のコーヒー・紅茶に使うもの?」などと聞かれることがとても多い

4種の調味料
その4種の調味料とは…手前から時計回りに、

「プリック・ポン(粉唐辛子)」
「ナンプラー(魚醤)」
「ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)」
「ナムターン(砂糖)」


ラーメンに砂糖入れるの?!って疑問に思う方もいると思います。
少し抵抗があるかもしれませんが「ナムターン(砂糖)」は甘くするだけではなくコクを深めるのです!

さっぱりさせたい時は「ナム・ソム・プリック(唐辛子入りの酢)」、少し塩辛さが足りないときは「ナンプラー(魚醤)」、もっと辛くしたいときは「プリック・ポン(粉唐辛子)」を。

本場タイランドでも食堂ではニュートラルな味付け(店の味付け)に、自分好みで調味料を加えるスタイルが根付いています。

こういった調味料を加えるというスタイルは、タイの気候はご存知の通りとても暑くその暑さにより汗をいっぱいかくのですが、こういった調味料を摂取することによって汗によって失われた体内の塩分・糖分を補うという生活の知恵(文化)によるものだと思います。

是非、お試しあれ★